Navilasがユーザーの日常業務にどのように役立つか?

臨床現場からのレポート

Robin Ross医師(Arizona)はNavialsユーザーです
Navilas577sレーザ治療の公衆衛生上の利点
患者の経験に関するインタビューと会話

Robin Ross医師(Global Retina Institute, Arizona)

臨床現場からのレポートを受領する 登録する
Navilasが、患者および医師にとって価値のある投資である理由ーLars Freisberg医師

Lars Freisberg医師は次のようにのべています。「Navilasによる治療は患者にとってより快適性が高まるため、患者の再来率があがり、PRP治療回数が著しく増加しました。また、Navilas577sは、基本的に最初の1年でシステムの支払いを終えることができるので、財務的な観点からも大変価値のある投資でした。」

Navilasが、患者および医師にとって価値のある投資である理由ーLars Freisberg医師
Lars Freisberg医師は次のようにのべています。「Navilasによる治療は患者にとってより快適性が高まるため、患者の再来率があがり、PRP治療回数が著しく増加しました。また、Navilas577sは、基本的に最初の1年でシステムの支払いを終えることができるので、財務的な観点からも大変価値のある投資でした。」
事前に治療計画されたPRPおよびナビゲーションレーザシステムを使用したより多くの経験 - A. Pedinielli医師とF. Amoros医師
従来のマルチスポットレーザーとナビゲーションレーザを用いたPRP治療で、患者がどのように痛みを経験してきたか、また新たなシステムがPRPセッションの期間や患者の快適性にどのような影響を与えるか。インタビューは、最近の研究結果、経験および臨床診療でのNavilasのラーニングカーブを網羅しています。
Bernd Fassbender医師による臨床診療でのCSCRの閾値下治療
2018年DOCにおいて、Bernd Fassbender医師は、彼のチームが集めた2000例を超えるナビゲーションレーザ治療による治療経験について語り、ナビゲーションマイクロセカンドパルシングを使用した治療を受けた慢性再発性CSCR患者のレトロスペクティブな分析結果を提示しました。
577s - David Brown医師による3例のナビゲーション治療
David M Brown医師(Houston)は、症状の異なる3例に対してNavilas 577sを使用したナビゲーションレーザ治療を実施しました。 彼は、オールデジタルアプローチが、いかに病巣をより的確に標的とすることができるかについて述べ、、また実証しています。またインタビューと治療レポートから、患者との間に肯定的な意思疎通が確認することができます。
ウィリアム・フリーマン医師によるNavilasナビゲーションレーザ治療
Navilasを用いたナビゲーションレーザ治療の使いやすさと患者にとっての価値について、ウィリアム・R・フリーマン医師(カリフォルニア大学サンディエゴ校眼科教授兼Joan & Irwin Jacobs Retina Centerセンター長とイゴール・コザック医師(ヤコブスレチナセンター)が議論しています。
David Boyer医師による糖尿病黄斑浮腫に対するNavilasナビゲーションレーザ治療
David Boyer医師(Retina-Vitreous Associates Medical Group)は、複数回の抗VEGF療法に反応しない糖尿病黄斑浮腫の患者に対して、Navilasシステムを用いてナビゲーションフォーカルレーザ治療を実施しています。
Marcus Kernt医師とThomas Neuhann教授によるNavilasレーザ治療
For Customers Navilas® Academy

Learn how to make navigated laser work for you

Contact the Navilas® team