前眼部ソフトウェアモード

虹彩切開治療

Navilas®577sの前眼部モードは、狭隅角緑内障の眼圧を直感的かつ効率的に下げます。

Iridotomy treatment of narrow-angle glaucoma with the Navilas 577s retina laser

レーザー周辺虹彩切開術 - 利用方法

新しいNavilas®ソフトウェアモジュールの使用により、ユーザーは網膜治療から新しい前眼部モードに直感的に切り替えることができ、最初のステップとしてレーザー周辺虹彩切開(LPI)をサポートします。

このソフトウェアは、0.63倍のレーザースポット倍率で標準的な虹彩切開治療レンズを利用した虹彩切開併用治療用に設計されています。

LPIによって、医師はNavilas®577nm黄色レーザーで虹彩を準備できます。Navilas®による初期治療の後、医師は個別のYAGレーザーを使用して、より少ない合併症(出血)で虹彩切開治療を完了することができます。この併用治療はよく利用されている手順です。

pre OP Navilas 577s iridotomy

臨床ケースの虹彩切開術

 

基準値

中年女性患者が原発閉塞隅角緑内障を発症しました。

Navilasを利用した2ステージ式治療

第1ステージ:200mW、200ms、200μmを使用して4つの単一スポットで虹彩を広げます 第2ステージ:1000mW、20ms、50μmを使用して虹彩間質を取り除きます 

結果

治療を完了するのにYAGレーザーが使用されました。併用セラピーにより、出血を防ぐことができました。

 

 

Learn how to make navigated laser work for you

Contact the Navilas® team