Navilas®577sの先進的なリモートアクセス機能

ナビゲーションレーザによるテレガイダンス

Navilas® 577sのソフトウェアへのリモートアクセスによって、現場に不在のエキスパートの知識を利用できるようになり、また教育にも役立ち、さらには網膜レーザ治療のデジタルワークフローが最適化されます。

テレガイダンスの活用事例

Navilas®レーザシステム577s(Navilas®577sプライム、Navilas®577s Proを含む)のリモートアクセス機能は、パンデミック時に明らかになった眼科の一般的な課題に対処します。新しいリモートガイダンス機能により、医師はデバイスにリモートアクセスしてレーザ治療を事前にプランニングし、デバイスに保存されている治療計画を見直し、また初心者が行うライブ治療を観察することも出来ます。このリモートアクセス機能により、リソースが限られている場合、現場での対応に加えてエキスパートの専門知識を利用できるようになります。同時に、学生が大人数のグループで医療施設を訪れることなく、遠隔で治療を観察する教育課程をサポートし、ソーシャルディスタンスを尊重することになります。

テレガイダンスの実用的なデモンストレーション

ビデオを見るには、ここをクリックして YouTube をアクティブにしてください。あなたはいつでもあなたの同意を撤回することができます。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Distant learning(遠隔学習)

同時に最大99人の学生がライブ治療から学ぶことができます - レーザ室の大きさに左右されることなく、ソーシャルディスタンスのガイドラインも尊重します。

Distant learning(遠隔学習)

同時に最大99人の学生がライブ治療から学ぶことができます - レーザ室の大きさに左右されることなく、ソーシャルディスタンスのガイドラインも尊重します。

Distant guidance(遠隔指導)

エキスパートは、実際に治療を指揮および指導することができるので、学生のラーニングカーブを加速し、またコントロールすることができます。 

Remote Planning(遠隔プラニング)

エキスパートは、機器の所在場所にかかわらずレーザ治療の事前プラニングを行うことができるため、その知識を柔軟に利用することができます。

臨床診療における利点

ビデオを見るには、ここをクリックして YouTube をアクティブにしてください。あなたはいつでもあなたの同意を撤回することができます。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

ナビゲーションレーザの最新のテレガイダンスコンセプトによる日常の臨床診療の効率化

"「網膜レーザ治療を遠隔でプランニングし若い同僚を事実上支援することで、患者の利益のために重要な、すなわち効率的なターゲット治療に集中することができます。10年前にこのようなことが可能だと誰が考えていたでしょう。」."

シモ・ムロフスキー医師, アウゲンツェントルム・エルツゲビルゲ

“「ナビゲーションは、外科的介入をより安全で、またより標準化され予測可能な手順に変換し続け、最終的には患者にとってより良い結果をもたらします。ナビゲーションレーザにテレガイダンスを追加することで、教育と遠方のエキスパートとのコラボレーションの可能性が広がり、この方法で網膜レーザ治療の一般的な課題に対処できます。」”

イゴール・コザック博士、アブダビ ムーアフィールズ眼科病院、アラブ首長国連邦
実践的なバーチャル デモに興味がありますか?

高度なリモートアクセス機能を自ら試すには、OD-OSに連絡するか、ディストリビューターに連絡してください。

連絡をする
Navilas®エキスパートライブラリー

今日の網膜レーザ治療の臨床経験

エキスパートライブラリーへアクセスする
For Customers Navilas® Academy