糖尿病性黄斑浮腫

患者と術者いずれにも規範となるより優れた治療方法の提案

世界中の多施設でのNavilas®を用いたスタディーによれば、黄斑浮腫に対して臨床的に優れた治療効果が示されています。

これらのスタディーでは、正確性・治療時間の短縮・再治療の軽減の3つの項目に於いて評価されています。

抗VEGF治療とNavilas®を用いたレーザ治療との併用治療は、抗VEGF剤の投与後の視力維持期間に於いて、再投与回数を軽減する可能性を示しています。

高い精度

より正確に +28%

Dr. Kent, Dr. Kozakらによれば、Navilas®のイメージガイドプランニング機能を用いたレーザ治療は、その先進的機能によりより正確な治療が可能である事を示しています。 (1.2)

再治療の低減 -42%

Navilas®のプランニング機能及びドキュメント機能は、より高精度のレーザ治療を提供します。その結果、再治療の可能性が軽減されます。(3)

高い治療効果

治療効果の早期発現

Dr.Singhらの研究によれば、Navilas®でのレーザ治療は、従来の治療に比べより早く浮腫が軽減する可能性が有る事、また中心網膜厚の多大な減少効果を示しています。(4)

機能的影響の早期発現

Dr. Neubauerらの研究によれば、Navilas®を用いたレーザ治療は、患者の視力回復期間がより早くなる可能性を示しています。

患者負担の軽減

硝子体への再注射回数の減少

VEGF阻害薬だけの治療に比べNavilas®とVEGF阻害薬との併用療法は、BCVA letter score (+8.41 vs. +6.31 letters, p=0.258)に於いて、同等の効果を表しています。レーザ併用療法群では、3回の硝子体注射後の段階(0.88±1.23 vs. 3.88±2.32, p<0.001)で、追加の注射回数が明らかに少なくなっています。(5,6)

ナビゲーションレーザ治療による治療回数の低減

ある2つ研究データによれば、VEGF阻害薬とNavilas®との併用療法は、明らかに硝子体注射回数を削減できた事を示していますが、残念ながら従来のレーザ機器との併用療法では同じような結果は示されませんでした

参考文献

  1. Clinical Evaluation and Treatment Accuracy in DiabeticMacular Edema Using Navigated Laser Photocoagulator NAVILAS. Kozak I, Oster SF, Cortes MA, Dowell D, Hartmann K, Kim JS, Freeman WR. Ophthalmology. 2011 Jan 24
    Read more
  2. Pain and accuracy of focal laser treatment for diabetic macular edema using a retinal navigated laser (Navilas).  Kernt M, CheuteuRE, Cserhati S, Seidensticker F, Liegl RG, Lang J, Haritoglou C, Kampik A, Ulbig MW, Neubauer AS. Clin Ophthalmol. 2012;06:289-96
    Read more
  3. Navigated macular laser decreases retreatment rate for diabetic macular edema: a comparision with conventional macular laser. Neubauer AS, Langer J, Wolf J, Kozak I, Seidensticker F, Ulbig M, Freeman WR, Kampik A, Kernt M.  Clin Ophthalmol. 2013:121-128
    Read More 
  4. From Art to Science in DME Treatment A comparison of anatomical outcomes following navigated OCT-based laser and conventional focal laser treatments.ANG LI, BA • RUMNEEK BEDI, BA • RISHI P. SINGH, MD.  
    Read More
  5. Comparative evaluation of combined navigated laser photocoagulation and intravitreal ranibizumab in the treatment of diabetic macular edema. Liegl R, Langer J, Seidensticker F, Reznicek L, Haritoglou C, Ulbig MW, Neubauer AS, Kampik A, Kernt M.  PLoS One. 2014 Dec 26;9(12)
    Read More
  6. 12-month results of the standardised combination therapy for diabetic macular oedema: intravitreal bevacizumab and navigated retinal photocoagulation. Barteselli G, Kozak I, El-Emam S, Chhablani J, Cortes MA, Freeman WR. Br J Ophthalmol. 2014 Aug;98(8):1036-41. 
    Read More