中心性漿液性網脈絡膜症

規範となる最適な治療法の提案

Navilas®は画像インポート機能(FA・ICGA)及びオーバーレイ機能を有しています。この他に類を見ないかつ先進的な機能は、閾値下凝固【マイクロパルスセカンドモード】との併用で理想的なレーザ治療を提供します。

治療部位の事前決定

FA・ICGAおよびOCT画像を実際の眼底画像に重ねることのできるオーバーレイ機能が、正確に漏出部位を識別することを可能にしました。これによって正常な組織<s>に</s>を阻害することなく、選択的に治療を行う事が出来ます。

優れた治療結果

従来のレーザ治療と比べて、Navilas®を用いた閾値下凝固【マイクロセカンドパルシングモード】では、より早くまた高い割合で漏出部が閉塞しています。

実現可能な閾値下治療

照射密度と履歴確認

Navilas®には、治療に関する全てのデータを全て、治療パラメータ及び治療部位の術前・術中・術後を含む一連の記録が自動的に保存され、治療後はいつでも参照する事が出来るようにカスタマイズ可能なレポートが作成されます。

 

事前に計画された治療部位に基づいたレーザ照射により、より正確な治療効果を得ることが可能となります。

参考文献

  1. Klon 2016: Navigated retinal photocoagulation (Navilas®) as an alternative therapy in patients with refractory central serous chorioretinopathy. Jan Klonner, Juliane Schlomberg, Anne Rübsam, Tina DietrichNtoukas, Sibylle Winterhalter, Antonia Joussen, Bert Müller. Department of Ophthalmology, Charité - Medical University Berlin Campus Virchow, Berlin, Germany. ARVO 2016 Poster
    Read more
  2. Lim 2010: Comparative study of patients with central serous chorioretinopathy undergoing focal laser photocoagulation or photodynamic therapy. Lim JW, Kang SW, Kim YT, Chung SE, Lee SW. British Journal of Ophthalmology. 2010
    Read more
  3. Buru 1997: Laser Photocoagulation for Persistent Central Serous Retinopathy: results of long-term follow-up. Burumcek E, Mudun A, Karacorlu S, Arslan MO. Ophthalmology 1997; 104:616-622
    Read more 
  4. Rob 1983: Direct, indirect and sham laser photocoagulation in the management of central serous chorioretinopathy. Robertson and Ilstrup. American Journal of Ophthalmology 95:457-66, 1983
    Read more